トップページへ

【草焼きバーナー】シャトルファイヤー 灯油式 (タンク6.5L/58000kcl)

   

 


 

 


■商品の特徴 除草 ●草刈の表面刈とは違い,58000kcalバーナーの熱で、草の根元から殺菌除草! しかも草の根元からの殺菌除草により、草が生えにくい!! ●家周り、駐車場の雑草の焼却 ●神社、お寺の境内、特にお墓の雑草を取り除くのに大変便利! ●学校や公園、石だたみ、コンクリート隔等の広い範囲でのご使用も強力バーナーなら簡単 殺虫 ●山林の害虫の駆除 ●湿っているもみ殻やごみの焼却 殺菌 ●ハウス内の土壌の殺菌、殺虫に効果大です!! ●収穫が終わった後のマルチ(ビニール)の焼却 ●アスパラの終わった後の切り株の殺菌等に最適!! 解氷 ●農耕(器)機が凍結したときにも ●アパート、プレハブ等の鉄筋製階段の解氷 ●道路のアスファルトの溶解にも経済的(燃費はプロパンの1/3) ■仕様 タンク 高級ステンレス製、制源器、圧力計付 燃料タンク容量 6.5L(全容量8L) 使用燃料 灯油 連続可燃時間 約50分〜90分(タンク圧力により 多少異なります) 噴射火炎の長さ 約50cm 最高出力 58000KCAL/h 重量 バーナー部1.3KG・タンク部1.9KG メーカー保証 本体 メーカー保証 1年(サービス品は該当しません) ■使用方法 ※タンク内に灯油を給油して頂き、草焼きバーナーをご利用前に必ず、ユニット接続部、ハンドル接続部、 ホース接続部の締め付けを確実に行い、灯油漏れがないか確認して下さい。

又、バーナーをご使用にな る際は周囲に人がいない事、燃える物がない事を十分に確認を行って下さい。

操作:1 タンク部のホース接続口のコックを「閉」になっているか確認して下さい。

操作:2 ユニット部のコックが中立の「止」の位置になっている事を確認して下さい。

操作:3 当初タンク内には加圧されていないので圧力メーターは0Mpaになっています。

操作:4 タンク頭部のピストン部ノズルを使用し、タンク内に加圧して下さい。

操作:5 約0.05Mpa辺りまでタンクに加圧して下さい。

操作:6 タンク部のホース接続口のコックを「閉」から「開」の位置にして下さい。

操作:7 ユニット部コックを「予」の位置にして下さい。

操作:8 ユニット部コックを「予」にすると、バーナーユニット内の噴射口から灯油が霧状に噴射されます。

※この時、タンク内の圧力を0.1Mpa以上にしておくと、必要以上に灯油が噴射され火が着火し難く、又、危険ですので加圧し過ぎないようご注意下さい。

操作:9 霧状に噴射されている灯油に付属の着火マンで着火して下さい。

操作:10 着火して頂くと赤い炎が出ます。

この状態で約3分程度、バーナーを予熱して下さい。

操作:11 約3分間の予熱の後、バーナーユニットのコックを「主」に切り替えて下さい。

※この時、ユニット部前方に人や燃え易い物がないか再度ご確認ください。

「予」から「主」に切り替えた時、灯油噴射量が多くなる為、炎が急激に出ます。

絶対に炎の前方に人や燃え易い物がない事を確認してから行って下さい。

(予熱時間が短過ぎると赤く温度の低い炎が出ます。

) 操作:12 「予」から「主」にユニットコックを切り替えた後、炎はだいたい噴射口付近は青色、炎先端は赤色の2色に分かれます。

操作:13 タンク内の圧力を、炎を見ながら徐々に加えて下さい。

操作:14 約0.1〜0.2Mpa未満まで加圧して下さい。

この時にタンク内の圧力を0.2Mpa以上加圧すると、灯油噴射が過大になり、灯油に着火されない状態で勢いよく灯油が噴射され危険ですので、着火時のタンク内圧力は0.2Mpa未満として下さい。

操作:15 タンク内圧力を約0.1Mpaにすると、炎がほぼ透明になります。

炎がほぼ透明状態の時が58000kcalの出力になります。

操作:16 作業が終了し炎を消す場合は、ユニット部のコックを「止」の位置にし、タンクとホースの接続口のコックを「閉」の位置にして下さい。

上記の手順で消火を行って頂きますが、炎はすぐに消火しません。

完全に炎が消火するまで収納はしないで下さい。

操作:17 ホースの接続口のコックを「閉」の位置にし、安全弁から灯油タンク内の圧を抜いて下さい。

※本機は灯油を使用し、すす(煤)がバーナー部に付着します。

本機を末永くご利用頂く為にも使用後のお手入れをお願い致します。

※ 商品は予告なく品種改良等のために変更することがあります。

 

  • 商品価格:52,800円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ


TOP